国際会計基準(IFRS)対応

必要最低限の対応から、全面移行のフルサポートまで、企業様のニーズに合わせて最適解をご提案いたします。

【ストリームの国際会計基準(IFRS)対応支援】

現状の会計基準とIFRSの差異を理解

インパクトの分析(影響診断)

具体的な導入プロセスの検討

導入後のアフターフォロー

対象企業

IFRSの導入について、以下のような課題を抱えている上場会社等。

対象企業の業態等に照らし、IFRS導入のメリットが効果的にあらわれるか検討を行います。
対象企業におけるIFRS導入のコスト等も考慮し、導入の是非を決定いたします。

IFRS導入による会計インパクトを把握することは何よりも重要です。
導入による会計インパクトを把握し、その時点から必要な対処を実施しなければなりません。

貸借対照表が重視されるIFRSでは、資産・負債は公正価値(時価)により評価されます。
公正価値評価を適用する資産・負債の範囲を選定し、その影響額を調査いたします。

IFRS導入に向けた、具体的なプロセスの検討を行います。
十分な準備期間を想定し、全体像の把握とタイムスケジュールの策定を行います。

IFRSに対応した会計方針を策定します。
ここでは会計方針の妥当性について、会計監査人との確認作業が重要となります。

導入後における実際の作業工程を検討します。
内部統制対応についても検討を行う必要があります。

業務プロセスに従って、導入前の試験運用を実施します。
トライアル運用での発見事項を基に、実際の運用へ向けたプロセス変更の検討を行います。

計画段階では想定されていなかった運用上の問題点を発見し、解決を図ります。
業務の正確性のみではなく、効率性の面からも業務プロセスの改善を検討します。

IFRS導入後においても、年々改正される会計制度への対応が必要となります。
会計方針の変更等のみではなく、これに対応した業務プロセスの変更にも留意することが必要です。

IFRS導入の検討・影響調査から導入に向けた計画段階、導入後のアフターフォローまで、各段階に応じたアドバイスを行います。
導入までのプロセスには段階を要するため、早期に対応を始めることが肝要です。

(参考1)IFRSと日本基準の本質的な違い

①『原則主義と規則主義』

②重要とされる指標が『純利益』(日本基準)から『包括利益』(IFRS)へ

(参考2)IFRS適用のメリット

①資金調達の効率化(投資家からの信頼向上、海外での資金調達、外国人投資家への訴求)

②グループ会社を同一の会計基準により評価可能(海外子会社の管理、連結決算の早期化に寄与)

③M&A時の財務調査(デューデリジェンス)の効率化

(参考3)わが国におけるIFRS導入のスケジュール

①2010年3月期から任意適用開始

対象・・・上場企業の連結財務諸表(導入初年度は日本基準と並列開示)

②2012年、強制適用を採決(予定)

③2015年or2016年、強制適用開始予定(2012年に決定)

対象・・・上場企業の連結財務諸表となる見込

お問い合わせはこちら